会社設立に必要な投資

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

起業する場合、個人事業か会社設立か選ぶことができますが会社を設立したの方が資金調達や節税などのメリットが多く、信用度も高くなるので大きな仕事を任され業績アップ、事業を大きくするチャンスが多くなります。

しかし会社を設立の場合は設立手続・費用の負担があります。とくに登記に始まる法的手続きは内容が複雑で手間がかかるため、会社の設立に二の足を踏んでしまう人もたくさんいますが、登記することで会社の信用度がグンッと上がるので頑張って手続きに励む企業家は多いです。

登記など様々な法的手続きを自分ですることはできますが、実は多くの起業家は専門家に代行してもらっています。社長には法的手続きよりも大事な会社を経営(運営)していくという仕事があるからです。代行が可能なことは任せ、自分にしかできないことに集中することは社長になる上でとても大切なことです。

会社設立の支援サービスは税理士や司法書士が提供していますが、税理士に依頼する人が多いです。それは会社設立後を視野に入れた選択であり、会社の会計管理をするために税理士と顧問契約を結ぶ会社が多いからです。自分で税務をする社長も多いですが、税務・財務は素人には時間がかかる仕事であり、社長には他にも大事な仕事があるので誰かに任せた方が得策です。また第三者がチェックすることで幅広い視点から事業を評価することができます。

この記事では会社を設立するときに税理士の代行サービスを利用するメリットをまとめてみました。誰かに頼れることは社長にとって大切な素質なのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket