税理士代行のメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

税理士による会社設立代行サービスについて調べると、基本的に会社設立後も税理士として雇うという契約になっているケースがほとんどです。

税理士のサポートを受けることで会社を無事に設立するだけでなく、会社を経営するための資金繰り・雇用・経理課題を含めた問題・課題を解決するためのサポートを受けられます。

会社にとって大切なのは、仕事が減って収入が減ったときに事業を維持できる資金力、逆に仕事が増えて人手が足りないときに人員を増やせる雇用力の2つです。雇用については働きたいという人を集めるだけでは不十分で、税金や保険料等雇うための資金を得ることができるかということが大切です。つまり会社を維持する力は資金にかかっています。会計事務所では会社設立時の資金調達の相談をすることができます。資金繰りは金銭が苦しくなってからは難しいので設立時の資金調達がとても大切です。

会社の運営サポートの経験がある税理士のサポートを受けることで、会社の運営が始まったときに起こり得る問題を予め想定して定款に盛り込むことなどのアドバイスを受けられるます。

定款は自分で調べて作ることもできますが、会社運営に適した定款になっていない場合、後々に情報変更をする際に費用がかかります。不十分な定款は後のトラブルになることも多いので、税理士に相談しておくことが後々のリスクを回避することにつながります。会社は作るだけでなく、運営していくことがとても大切なのです。

参照サイト…アディーレ会計事務所|会社設立代行サービス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket